歌詞

もっと強く抱きしめたなら

WANDS

作詞
魚住勉/上杉昇
作曲
多々納好夫

少しだけ冷たい風が吹く

夕暮れの帰り道

肩寄せて歩いた

会話さえ とぎれたままだったね

高なる胸とただ

こみあげてく思い押さえて


もっと強く君を抱きしめたなら

もう他に 探すものはない

季節はまた 巡りゆくけれど

変わらない 二人だけは


この街に 降りだした雨さえ

君を想う時

やわらかな優しさになる


さみしげな眼をしてた君だから

きっとわかるね

かけがえのない物

このままで時が止まればいいと

君は言うけれど

何一つ 怖れることはない


もっと強く君を抱きしめたなら

もう二人迷うことはない

あふれた涙も 眠れぬ夜も

忘れない いつの日にも

この街に 懐かしい風が吹く

そして もう一度 歩きたい

同じ時を


もっと強く君を抱きしめたなら

もう他に 探すものはない

季節はまた 巡りゆくけれど

変わらない 二人だけは

もっと強く君を抱きしめたなら

もう二人迷うことはない

あふれた涙も 眠れぬ夜も

忘れない いつの日にも

この街に 懐かしい風が吹く

そして もう一度 歩きたい

同じ時を

提供: うたまっぷ