歌詞

逃避行

麻生よう子

作詞
千家和也
作曲
都倉俊一

あのひとから 言われたのよ

午前五時に 駅で待てと

知らない街へ ふたりで行って

一からやり直すため

あのひとから 言われたのよ

友達にも 打ち明けるな

荷物をつめた トランクさげて

また 空いた汽車を 空いた汽車を

見送った―

昨日の酒に 酔いつぶれているのだわ

おそらくあのひとのことよ

それがなきゃ いい人なのに

あきらめたわ 私ひとり

キップ買う―


あのひとにも 念をおした

裏切ったら お別れだと

今までずっと 泣かされたけど

今度だけは賭けてみると

あのひとにも 念をおした

遅れたなら 先に行くと

柱の時計 横眼でにらみ

また空いた汽車を 空いた汽車を

見送った―

女のひとに 引きとめられてるのだわ

おそらくあのひとのことよ

それがなきゃ いい人なのに

あきらめたわ 私ひとり

汽車に乗る―

提供: うたまっぷ