歌詞

悲しい女

研ナオコ

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

夏の日の恋ならば

いつもささやかな勘違い

笑ってはゴマカした

いつもの別れのパターンね

駅からの帰り道

コンビニの明りまぶしくて

少しばかり淋しくて

雑誌なんか立ち読みしたわ


ひらいたグラビアに

秋物のコートなんか着て

アンニュイな笑顔した

いい女に嘆息一つついてみた


悲しい女は誰からも程々に愛され

けれども憎まれない

いつもその程度の恋ばかり


抱かれたいつもりなの

信じてないわけじゃないのに

茶化してはおこらせる

いつもの別れのパターンね

改札のところまで

送ってくれてもいいじゃない

あやまれないせつなさが

胸の中で行ったり来たり


終電車を降りれば

何故か小走りになっていた

自分の部屋の扉

鍵を差し込んだ

その時に涙が出た


悲しい女は誰からも程々に愛され

けれども憎まれない

いつもその程度の恋ばかり


悲しい女は誰からも程々に愛され

けれども憎まれない

いつもその程度の恋ばかり

提供: うたまっぷ