歌詞

君と歩きたい

楠瀬誠志郎

作詞
並河祥太
作曲
楠瀬誠志郎

今 うつ向いてる 君がいる

夏 はしゃぎあった 街路樹で

何度も 回り道をしたけれど

せつないほど 不器用に夢見てる


何処かでなくしたもの

思い出す夜もある だけど今は 振り向かない


君と歩きたい このままで 信じてる そのままで

サヨナラより 二人ぶんの 明日を見つけに行こうよ

ときめきを 忘れない 二人なら出来るから

世界中で 一人の君のために…


何故 思い出だけ 抱きしめて

もう 人間は きっと 生きられない

誰かを 傷つけたり 愛したり

泣いた顔と 微笑みの リフレイン


小さな夢でもいい

君と出逢えた場所で 叶えたいよ 何時か きっと


君と歩きたい このままで 愛してる そのままで

悲しみより 笑顔の朝 目覚めたいのさ 二人で

なくさないで やさしさを 濡らさないで 心まで

世界中で 一人の僕のために…


君と歩きたい このままで 信じてる そのままで

サヨナラより 二人ぶんの 明日を見つけに行こうよ

ときめきを 忘れない 二人なら出来るから

世界中で 一人の君のために


君と歩きたい このままで 愛してる そのままで

悲しみより 笑顔の朝 目覚めたいのさ 二人で

なくさないで やさしさを 濡らさないで 心まで

世界中で 一人の僕のために…

提供: うたまっぷ