歌詞

浅い眠り

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

忘れないと誓ったあの日の夏は遠く

寄せて返す波にもあの日の風はいない


ああ二人で点した

あの部屋のキャンドルは

光あふれる時代の中で

どこへはかなく消えていったのか


恋しさを聞かせてよ

惜しみなく聞かせてよ

他人じゃないなら なおさら なおさら

浅い眠りにさすらいながら

街はほんとは愛を呼んでいる

浅い眠りにさすらいながら

街はほんとは愛を呼んでいる


風の中にふるえて瞬(またた)く星のように

あやまちかもしれないと哀しく迷っていた


ああ二人気づかない

失ってみるまでは

誰が一番ほしい人なのか

何が一番つらいことなのか


恋しさはこわれもの

せつなさはこわれもの

他人じゃないなら なおさら なおさら

浅い眠りにさすらいながら

街はほんとは愛を呼んでいる

浅い眠りにさすらいながら

街はほんとは愛を呼んでいる

浅い眠りにさすらいながら

街はほんとは愛を呼んでいる

提供: うたまっぷ