歌詞

うらはら

工藤静香

作詞
松井五郎
作曲
後藤次利

とても好きだけど なぜかいじめたい

そばにいたいほど きつくあたりたい

あなたしかない 胸が不憫で

だってかわいそうよ


もてもしないけど 嫉妬してほしい

秘密めいた指輪 そっと見てほしい

瞳をあわせれば どんな陰謀も

きっと ばれちゃうのに


別れぎわ じゃあねと 閉めたDOOR越し

帰れずに もたれてる 嘘つき娘ひとり


素直になって 飛びこんじゃえば

靴音に なにも泣かないでいい

どうしたと 風に肩を叩かれ

唇を噛んで Ah 笑った 心はうらはら


抱いてほしくても わざとそらしたい

許しすぎるから 愛がもったいない

さみしがりやに なった不幸が

ほんと あきれちゃうよ


おしゃべりのうまい 女友達

呼びだしたくせに ほら いらいら娘ひとり


馬鹿だと言って あきらめちゃえば

慰めで誰か 誘うかしら

よそいき顔を 作るそばから

ためいきが壊す Ah 困った どこまでうらはら


素直になって 飛びこんじゃえば

星屑になにも 泣かないでいい

逢いたいと 風にささやいたって

唇を噛んで Ah 帰った

どこまで こいつ うらはら

提供: うたまっぷ