歌詞

コンサートの夜

森高千里

作詞
森高千里
作曲
斎藤英夫

星空が広がっていた あの夜は

卒業式の帰り みんなで行った

コンサート今でも 大切な思い出

汗をかいて歌った 大好きな歌

何もかも忘れて 夢中で踊ったわ

だけど なぜか淋しくて 帰りたくなくて

声がかれるまで 歌い続けた

友達のことや これからのことを

心の中で かみしめていた あの夜は

北風がまだ冷たくて 見上げれば

星空が広がっていた あの夜は


今日で卒業したね 制服がもう

着れないと思うと やっぱり淋しいわ

とても楽しかったね また来ようねと

パンフレット片手に 約束を交わした

そして 北風の中を みんなで一緒に

歌を歌って 夜道歩いた あの夜は

ステージの照明が目に 焼きついて

いつまでも消えなかったの あの夜は


みんなで見上げた 北斗七星が

どんな夜より 輝いていた 忘れない

ずっとこのままでいたくて 星空に

アンコールを送っていた あの夜は

提供: うたまっぷ