歌詞

輝きながら・・・

徳永英明

作詞
大津あきら
作曲
鈴木キサブロー

素顔にメロディ焼きつけて君は今

輝きながら大人のドアをあけて


瞳を閉じても木洩れ陽が

手を振る君を照らしてる

季節はいつも終わりだけ 彩づけるけれど

DON'T SAY GOOD-BYE

君だけの夢を刻むのさ

想い出をつめた少女の 笑顔のままで

駆け出す君の場面を見守るから

輝きながら明日のドアをあけて


きらめく時間が僕たちの

何時だって記念日だった

ハッピーバースデイそしてメリークリスマス

戯いでたあの日

DON'T SAY GOOD-BYE

さよならが歌になるのなら

想い出の中で 二人はめぐり逢えるさ

駆け出す君の場面を見守るから

輝きながら明日のドアをあけて


素顔にメロディ焼きつけて君は今

輝きながら大人のドアをあけて

提供: うたまっぷ