歌詞

センチメンタル・ジャーニー

松本伊代

作詞
湯川れい子
作曲
筒美京平

読み捨てられる 雑誌のように

私のページが めくれるたびに

放り出されて しまうのかしら

それが知りたくて とても

あなたの瞳の 奥に旅してく

わたしなのセンチメンタル・ジャーニー

つぼみのままで 夢を見ていたい

影絵のように美しい

物語だけ見てたいわ

伊代はまだ 16だから

何かにさそわれて

あなたにさらわれて

センチメンタル・ジャーニー


見知らぬ国の 謎の湖

のぞき見たくなる 不思議な気持

自分でさえも こわいほどなの

咲かせた恋なら ずっと

大事にしていて もらえるのかしら

わからないセンチメンタル・ジャーニー

扉の前で ためらいながらも

背中をそっと押されたい

見ないふりして許してね

伊代はまだ 16だから

何かにさそわれて

あなたにさらわれて

何かにさそわれて

あなたにさらわれて

センチメンタル・ジャーニー

提供: うたまっぷ