歌詞

銀の雨

松山千春

作詞
松山千春
作曲
松山千春

貴方と暮らした わずかな時間

通り過ぎれば 楽しかったわ

これ以上私が そばにいたなら

貴方がだめに なってしまうのね

いつの間にか 降りだした雨

窓の外は 銀の雨が降る

貴方のそばで 貴方のために

暮らせただけで 幸せだけど

せめて貴方の さびしさ少し

わかってあげれば よかったのに

貴方がくれた 思い出だけが

ひとつふたつ 銀の雨の中


ごめんと私に いってくれたのは

貴方の最後の やさしさですね

いいのよ貴方に ついて来たのは

みんな私の わがままだから

貴方の夢が かなうように

祈る心に 銀の雨が降る

銀の雨が降る 銀の雨が降る

提供: うたまっぷ