歌詞

19:00の街

野口五郎

作詞
伊藤薫
作曲
筒美京平

霧雨降るガラス越しに 19:00の街

低い雲たち込めて 摩天楼包んで

都会は海 人は砂漠 愛は蜃気楼

ためらいも戸惑いも 捨てて来たのに

ああ 時間ばかりついやしてた いたずらに

あなたの心の中に

傷ひとつも残せないで

愛と呼べるはずもない

からんだ運命のきずな


光と影線を描き 車が過ぎる

うつむいて二本目の 煙草に火をつけ

女は息 男は汗 夜を重ねて

わかり合いくい違い 生きる旅人

ああ 時間ばかりついやしてた いたずらに

あなたの心の中に

傷ひとつも残せないで

愛と呼べるはずもない

からんだ運命のきずな


にじむように浮かびあがる 19:00の街

肩先の凍てついたしずくさえ

そのままでひとり

提供: うたまっぷ