歌詞

さよなら人類

たま

作詞
柳原幼一郎
作曲
柳原幼一郎

二酸化炭素をはきだして あのこが呼吸をしているよ

どん天模様の空の下 つぼみのままでゆれながら

野良犬はぼくの骨くわえ 野生の力をためしてる

路地裏に月がおっこちて 犬の目玉は四角だよ

今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ


アラビヤの笛の音ひびく 街のはずれの夢のあと

翼をなくしたペガサスが 夜空にはしごをかけている

武器をかついだ兵隊さん 南にいこうとしてるけど

サーベルの音はチャラチャラと 街の空気を汚してる

今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ


歌を忘れたカナリヤ 牛を忘れた牛小屋

こわれた磁石を ひろい集める 博士はまるはげさ


あのこは花火を打ち上げて この日が来たのを祝ってる

冬の花火は強すぎて ぼくらの体はくだけちる

ブーゲンビリヤの木の下で ぼくはあのこを探すけど

月の光にじゃまされて あのこのかけらは見つからない

今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ


今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ


サルにはなりたくない サルにはなりたくない

こわれた磁石を砂浜で ひろっているだけさ


今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ


サルになるよ サルになるよ

提供: うたまっぷ