歌詞

恋人

徳永英明

作詞
徳永英明
作曲
徳永英明

夕暮れの カフェテラス

ざわめく会話に 閉ざされた二人

何も話すことなく

うつ向く横顔 目をふせた君は

さよならだけを 捜し始めてる

それでも見つめ合うの

恋人よ 遠い昔に戻ってみないか

暮れてゆく空のベールに 二人包まれて

風の咲く澄んだ季節を

見上げてみないか

もっと高く もっと my love


恋人達の影が

はしゃいだ夏の日 おもいださせるよ

折れた傘を広げて

戯けたふりして 夕立に濡れて

こらえきれずに 笑い出す君が

夕日に浮かんでゆく

恋人よ 遠い昔に戻ってみないか

灯りだす淡いランプに二人 導かれ

渋滞のあの国道を

走ってみないか

もっと遠く もっと my love


誰よりも愛したことを 思いきる前に

誰よりも愛されたこと 忘れさる前に

恋人よ 遠い昔に戻ってみないか

もっと熱く もっと my love

提供: うたまっぷ