歌詞

みえない手のひらで

時任三郎

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

短かった 陽差しが

いつか長さをましていき

肌寒ささえ けして

あたたかさを そっとくれる


共にだした船で

ためらわず 渡っていこう

二人の船だけじゃあない

この広い海を 漂ってるのは


みえない手のひらで ほら

抱きしめていたい さあ

みえないこの愛で ほら

君を包みたい 今 強く


海辺にかつて2組の

足あとがあり 日暮れには

手をつなぐ ふたつの影があった

でも今は 3人の足あとが

共に生きることが

辛い旅だとしても

僕が守る 何もいわず

唯一つ光 それが君なのさ


みえない手のひらで ほら

抱きしめていたい さあ

みえないこの愛で ほら

君を包みたい 今 強く


月が欠ける前に

おそれず 渡っていこう

二人の船だけじゃあない

この広い海に 漂ってるのは


みえない手のひらで ほら

抱きしめていたい さあ

みえないこの愛で ほら

君を包みたい 今

手の中にひとつの ほら

光を握りしめ さあ

みえない手のひらで ほら

君を包みたい 今 強く


Uh… 強く Uh…

提供: うたまっぷ