歌詞

祈り

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

お前が去ってくその前に

なぜに電話くれなかったか

やさしすぎるお前のことだから

それが思いやりのつもりだったのか

俺たちいつでもひとつなんだと

あれほど話し合ってきたよね

お前のことはすべてわかっている

つもりの自分がくやしすぎるよ

二人でいくつもの夜をこえて

新しい朝が目の前だったのに

深く瞳を閉じて今

天女のようにお前は一人

空へ帰る


お前が選んだ人生も

お前が歩いてきた道も

信じきれぬままのはがゆさの中で

ためらいながら

俺は人生を探すだろう

今度生まれてくるときは幸せな日々を

おくれるといいね

お前の好きだったあの唄を

今夜は朝まで歌ってあげるよ

二人でいくつもの夜をこえて

新しい朝が目の前だったのに

深く瞳を閉じて今

天女のようにお前は一人

空へ帰る

天女のようにお前は一人

空へ帰る

提供: うたまっぷ