歌詞

月光

爆風スランプ

作詞
サンプラザ中野
作曲
パッパラー河合

そうさ 7月の夜

空の月がでかくて

君を また思い出してる

いくらベルで呼んでも

人影のないホテル

じらされたね 僕ら二人

たった一度の ゆるい口づけ

長い廊下の つきあたり

ねぇ 二つめだよ

恋をしたのは

いつの頃か 忘れていた

こんな気持ち せつない気持

あぁ さしこむのは月あかり

ムーンライト

はかないのは 爪をたてた

君の細い肩を照らした 月光


めぐり会えたのは 今日

夜の動物園に

忍び込ませたのは 君だぜ

光る瞳が見てる

オリにとじこめられて

僕等 なめあうのを見てる

たった二人の 夜行性の

ぬるい吐息を からめたら

もう聞こえないよ 誰が呼んでも

僕の耳の中にあるのは

君の声と心臓の音

さあ 空を飛んで月を捕えろ

失うのは 明日のこと

夜は明けない 二度と醒めない 夢


たった一夜の 夢の中に

君は笑って逃げたのか


ねぇ 二つめだよ

恋をしたのは

いつの頃か 忘れていた

こんな気持ち せつない気持

あぁ さしこむのは月あかり

ムーンライト

はかないのは 爪をたてた

君の細い肩を照らした 月光

提供: うたまっぷ