歌詞

Cherie

チェッカーズ

作詞
藤井郁弥
作曲
鶴久政治

遠ざかる雨雲を 濡れたまま 見詰めていたのさ

追い掛けて抱きしめたら 悲しみを今は繰り返す

Cherie Cherie 傘投げ捨て バスの窓を叩いた

Cherie Cherie Please don't go

なぜ内緒で 自分を責めるの


この恋が きめられた運命なら

せめて時を越えて 通り過ぎたい


走り出す硝子越し 涙の笑顔で

空を指差して 呟いた

もう言わないよ 通り雨だね I love Cherie


出会いが眩しすぎて 恋人はいないと嘘をついた

夜明けの短いキス あの時が恋の始まりさ

Cherie Cherie 手をつなぐと 子供みたいにはしゃぐ君が

Cherie Cherie Please don't cry

髪をおろし震えて泣いたね


ごめんよ さよならを君に言わせたね

何もかも投げ捨てて 抱きしめられたら


走り出す硝子越し 涙の笑顔で

空を指差して 呟いた

もう言わないよ 通り雨だね I love Cherie

提供: うたまっぷ