歌詞

さよならをもう一度

チェッカーズ

作詞
藤井郁弥
作曲
藤井尚之

遠くに浮かぶ 窓の灯が

またひとつ 消えていった

溶けかけた グラスの氷

ひび割れた 万華鏡のようさ

ぬくもりさえ 覚えてるのに

なぜすべて 忘れられる

煙草に付けかけた火が

ふと壁の写真を照らすよ

揺れる炎 見つめながら

ただ静かに幻を待ってる

聞かせてくれ 君の声で

さよならを もう一度


埃かぶった

Feel like makin' love またひとつ

あの日のまま なにげなく

落とした針が

きゅうに胸を 締めつけてゆくよ

擦りきれた メロディーが跡切れ

そっと涙零れ落ちる

散らばった ガラスの破片に

ジンの香りが漂う

夢のかけら 拾い集め

ただうつむき 幻つないでる

教えてくれ 君の声で

戻れないと もう一度


哀しいほど 切ないほど

あの笑顔を また抱きよせている

聞かせてくれ 君の声で

さよならを もう一度


遠くに浮かぶ 窓の灯が

またひとつ 消えていった

遠くに浮かぶ 窓の灯が

またひとつ 消えていった…

提供: うたまっぷ