歌詞

風に乗って

薬師丸ひろ子

作詞
上田知華
作曲
上田知華

会社の 帰りの 電車の窓から

マーマレード色の夕焼けを見たの

知らない間に涙がこぼれて

ともり始めた家の灯 胸に染みた


今夜風に乗り 言葉を届けよう

彼の住む街に素足で舞い降りて

ずっと 本当の自分に背を向けてた

きっと わがままに わたし見えたでしょう


偶然見かけた 懐かしい横顔

一人きりの彼に 何故ほっとしたの

あんなに優しい気持ちを遠ざけて

寂しいなんて誰にも話せなかった


今夜風に乗り 言葉を届けよう

彼の住む街に素足で舞い降りて

ずっと 気付かずに心閉ざしていた

こんな 暖かな気持ち忘れたまま


今夜風に乗り 素直になりたい

彼の住む街に素足で舞い降りて

ずっと この胸に眠ってた言葉を

きっと 永遠に 今 すべてを込めて

提供: うたまっぷ