歌詞

しょっぱい三日月の夜

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

おう!おう! おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう! おう!おう!おう! おう!おう!おう!

逃れようとするこの俺と突っ走る俺が

憎みあいながら腹の底でひっくりかえってる

ひからびた手と手を繁ぎ合い

よくもここまで来たものだ

おう!おう!と 負け犬が吠えてる

そろりそろりと 月が昇るたびに

ああ あたりまえの男に会いたくて

しかめっ面した しょっぱい三日月の夜

おう!おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう!おう! おう!おう!おう!


真面目に生きぬく事がなぜにバカバカしいんだろう

人と会う事が無性にわずらわしくて

疲れ果てた身体まるめ 女のふとももで眠った

おう!おう!と 俺の肩がきしむ

そろりそろりと 月が昇るたびに

ああ あたりまえの男に会いたくて

しかめっ面した しょっぱい三日月の夜


あっちの水は苦いぞと唄えば

こっちの水は甘いぞと誰かが言う

ああ あたりまえの男に会いたくて

しかめっ面した しょっぱい三日月の夜


ああ あたりまえの男に会いたくて

しかめっ面した しょっぱい三日月の夜

おう!おう! おう!おう!おう! おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう! おう!おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう! おう!おう!おう! おう!おう! おう!おう!おう!

おう!おう! おう!おう!おう! おう!おう!おう!

提供: うたまっぷ