歌詞

しゃぼん玉

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

ひりひりと 傷口にしみて 眠れなかったよ

泣きっ面に しょんべん ひっかけられた夜

薄情な男だと 夜を 一枚ひんめくりゃ

ぐずぐずしてちゃ いけねえと 照れずに 思えた

つまらぬ こだわりは 身を縮めるだけだった

ほんの一瞬でも お前を愛せて よかった

枯れ果ててしまっても 温もりだけは 残ったよ

妙に 悲しくて いさぎよくて

本当に 気持ちよかったよ

淋々と 泣きながら はじけて とんだけど

もっと 俺は 俺で ありますように

いったい 俺たちは ノッペリとした 都会の空に

いくつの しゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?


きしりきしりと 横っ腹が 痛かった

馬鹿っ面 ぶら下げて 上等だと ひらきなおった

人生が 少しだけ うるさくなってきたけど

逃げ場所のない 覚悟が 夢に 変わった

帰りたいけど 帰れない もどりたいけど もどれない

そう考えたら 俺も 涙が 出てきたよ

くじけないで なげかないで うらまないで とばそうよ

あの時 笑って作った しゃぼん玉のように

淋々と 泣きながら はじけて とんだけど

もっと 俺は 俺で ありますように

いったい 俺たちは ノッペリとした 都会の空に

いくつの しゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?


淋々と 泣きながら はじけて とんだけど

もっと 君は 君で ありますように

いったい 俺たちは ノッペリとした 都会の空に

いくつの しゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?

提供: うたまっぷ