歌詞

オゾンのダンス

たま

作詞
柳原幼一郎
作曲
柳原幼一郎

月の光をあびながら あのこは今夜も踊るのさ

はだしでステップふんだとき オゾンの子供が火を吹いた


ぐるぐるまわるダンスはどうだ

まわってまわってとけるまで


印度の男に教わった コブラの笛が合図だよ

悲しい音色が聞こえたら バルコニーから出ておいで


リンゴの木の下でずーっとまってたよ

熟したリンゴが落ちるまで


光と影のように 地球と月のように

こんがらがって くっついて もいちど離れる 永久運動


てんてんてんてん てんてんてんてんてん ぼくらは点になる

青い月夜におどる 光の粒になる


オゾンのダンス オゾンのダンス


月の光をあびながら あのこはまたもや踊るのさ

夜風がスカートめくったら 見えたよあのこの曼珠沙華


かわいた土手に 水をまこうよ

そしたら開くよ 曼珠沙華

まんじゅしゃが まんじゅしゃが まんじゅしゃが

提供: うたまっぷ