歌詞

英雄

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

嵐の丘には黒い影だけ

右手にかかげたサーベル見つめて

虚栄も名誉も何もいらない

求めるはただ真実それだけ

ルビーの赤のワイン口に含めば

英雄達の哀しみが聞こえ始める

歴史の頂上に 一人立つ寂しさを

誰か抱きしめて 抱きしめて

誰が私を英雄と決めた

風雲流れる 空に呼ばれて

寂しさを捨てきれたなら英雄になる

寂しさを捨てきれたなら英雄になる


馬蹄の響きが鎧ゆらして

迫り来る時決断を急かせる

虚栄に生きるか名誉に死ぬか

力の星よ行く道を照らせよ

ルビーの赤のワイン口に含んで

震える胸に熱き血を注ぎ込んでも


歴史の頂上に 一人立つ寂しさを

誰か抱きしめて 抱きしめて

誰が私を英雄と決めた


グラスが砕けて影が動いた

命まで捨てきれたなら英雄になる

命まで捨てきれたなら英雄になる


ルビーの赤のワイン口に含めば

英雄達の哀しみが聞こえ始める


風雲流れる 空に呼ばれて

寂しさを捨てきれたなら英雄になる

寂しさを捨てきれたなら英雄になる

提供: うたまっぷ