歌詞

裏切りの街角

甲斐バンド

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

雨にけむる街並を

息をきらして駆け続けた

つきささる吐息をはいて

駅への道 駆け続けた

わかってたよ おいらじゃだめさ

でも二人 生きてきたんだ

とぎれた電話は 生きてゆく

悲しさに泣く 君の声

しとしと五月雨 わだかまり

君さえいてくれたならば

走る車の泥にたたかれ

見上げた時 街が泣いてた


とぎれとぎれに靴音が

駅の階段に響いてる

楽しく過ぎてゆく人ごみ

キップを握った君がいた

わかったよ どこでも行けばいい

おいらをふりきって 汽車の中

おもわず叩くガラス窓

君は震え 顔そむけた

しとしと五月雨 またひとつ

ネオンが 夜にとけて

たよりない心 傷つけて

裏切りの街角 過ぎてきた


しとしと五月雨 プラットホームを

今 想い出が走りだす

発車のベル 叫び声の中

あの人が 見えなくなった


発車のベル 叫び声の中

あの人が 見えなくなった

あの人が 見えなくなった

提供: うたまっぷ