歌詞

雨の物語

イルカ

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

化粧する君の その背中がとても

小さく見えて しかたないから

僕はまだ君を 愛しているんだろう

そんなこと ふと思いながら


窓の外は雨 雨が降ってる

物語の 終わりに

こんな雨の日 似合いすぎてる


誰もが物語 その一ページには

胸はずませて 入ってゆく

ぼくの部屋のドアに 書かれていたはずさ

とても悲しい 物語だと


窓の外は雨 あの日と同じ

肩を濡らした 君が

ドアのむこうに 立っていたのは


窓の外は雨 雨が降ってる

いく筋もの 雨が

君の心の くもりガラスに

提供: うたまっぷ