歌詞

きわどい季節

沢田研二

作詞
阿久悠
作曲
加瀬邦彦

遊びつかれたら

この胸に来て

少し懐しい 夢見たらいい

湿りがちな髪の毛を

拭きもせずにのせて

きみの素肌には

きわどい季節

いつもからみつき

危うくさせる

触れる指をしびれさせ

甘い時が過ぎて

ふり向けば乙女が

まぶしい女になり

抱きしめてみたいと

両手をひろげる

今日で何日と

ふと顔を上げ

見せたこともない

涙を流し

ドレスアップするきみの

背なのファスナー上げて

ふり向けば乙女が

まぶしい女になり

抱きしめてみたいと

両手をひろげる

ふり向けば乙女が

まぶしい女になり

抱きしめてみたいと

両手をひろげる

提供: うたまっぷ