歌詞

Wednesday Moon

徳永英明

作詞
徳永英明
作曲
徳永英明

Wednesday Wednesday Moon

都会の片隅で

咲いたばかりの花が

アスファルトのビルの影に

またひとつ消えてゆく

結ばれかけた愛も

語り出した言葉も

急ぎ足の時のせいで

時代に溺れてゆく

つないだ指先だけ

僅かな夢の続きだけ

信じあえるならば……

夜空の風に乗せて

二人を永遠に導いて Wednesday Moon


都会の行く先は

無邪気な子供達の

幼すぎる憧れさえ

取り上げてしまうのか

失くした愛の言葉

戸惑う明日の行方さえ

信じあえるならば……

迷える君を抱いて

凍える身体暖めて Wednesday Moon

遠くで二人を きらめく月は照らすよ

重なる影を空に架け

AH 夢よ届け


つないだ指先だけ

僅かな夢の続きだけ

信じあえるならば……

夜空の風に乗せて

二人を永遠に導いて Wednesday Moon

提供: うたまっぷ