歌詞

君の弱さ

渡辺美里

作詞
渡辺美里
作曲
佐橋佳幸

降り始めた雨 激しく

トタン屋根 打ち鳴らしてる

何故 今 少しのつまずきで

悲しみを使ってしまうの

いつか夜空の星へと運ぶ

ラクダに乗せてくれたよね

広い肩幅 ふるえていたよ

Time 幾千 年も

恋人達は時代を越えて

Time 幾千 年も

傷つきながら旅を始める


帰り道に待ち伏せした

生垣や雑木林も

ビルの谷間や看板に

埋もれて消えてしまった

淋しさに途方に暮れる夜

まるで引き潮のように

君の弱さに魅かれていたよ

Time 幾千 年も

ふたりの鼓動が聞こえてくる

Time 幾千 年も

君がいるから歩いてゆける


あてもなくひとり さまよう時にも

沈む夕陽 見ている時も woo woo

この世界中の人達の中で

一番ぼくが逢いたい人は 君だよ

Time 幾千 年も

恋人達は時代を越えて

Time 幾千 年も

傷つきながら旅を始める

Time 幾千 年も

ふたりの鼓動が聞こえてくる

Time 幾千 年も

君がいるから歩いてゆける

提供: うたまっぷ