歌詞

海を見ていた午後

松任谷由実(荒井由実)

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

あなたを思い出す この店に来るたび

坂を上って きょうもひとり来てしまった

山手のドルフィンは 静かなレストラン

晴れた午後には 遠く三浦岬も見える


ソーダ水の中を 貨物船がとおる

小さなアワも恋のように消えていった


あのとき目の前で思い切り泣けたら

今頃二人 ここで 海を見ていたはず

窓にほほをよせて カモメを追いかける

そんなあなたが 今も見える テーブルごしに


紙ナプキンには インクがにじむから

忘れないでって やっと書いた遠いあの日

提供: うたまっぷ