歌詞

し・の・び・愛

柏原芳恵

作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦

だから 抱いて抱いて抱きしめて

胸がこわれそうなくらいに

やるせないジェラシー ああ忘れさせて


あなたの瞳にひそむ影が

いつも 私の心に釘をさす

そう愛してはいけない人なのに

逢うたび 熱い想いはつのるばかり

あなたは 帰りを待ちわびる

やさしい人を 捨ててまでは

私に溺れる勇気はないのでしょう

だから 抱いて抱いて抱きしめて

胸がこわれそうなくらいに

やるせないジェラシー ああ忘れさせて


求める心と ためらう気持ちが

何気ない言葉ではねかえってくる

わかってくれと あなたのささやきは

私を誘う 迷いの袋小路に

火遊びと割り切れないなら

いっそ二人の時計止めて

許されぬ 愛の嵐に身を投げるわ


だから 抱いて抱いて抱きしめて

胸がこわれそうなくらいに

やるせないジェラシー ああ忘れさせて


だから 抱いて抱いて抱きしめて

胸がこわれそうなくらいに

やるせないジェラシー ああ忘れさせて

だから 抱いて抱いて抱きしめて

胸がこわれそうなくらいに

やるせないジェラシー ああ忘れさせて

提供: うたまっぷ