歌詞

翳りゆく部屋

松任谷由実(荒井由実)

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

窓辺に置いた 椅子にもたれ

あなたは 夕陽見てた

なげやりな 別れの気配を

横顔に ただよわせ


二人の言葉は あてもなく

過ぎた日々を さまよう

振り向けば ドアの隙間から

宵闇が しのび込む


どんな運命が 愛を遠ざけたの

輝きは もどらない

わたしが 今 死んでも


ランプを灯せば 街は沈み

窓には 部屋が映る

冷たい壁に 耳をあてて

靴音を 追いかけた


どんな運命が 愛を遠ざけたの

輝きは もどらない

わたしが 今 死んでも


どんな運命が 愛を遠ざけたの

輝きは もどらない

わたしが 今 死んでも

提供: うたまっぷ