歌詞

置手紙

かぐや姫

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

君はまだ たくさんの

紙袋を かかえたままで

この手紙

読んでいるだろう

これで最後の

男の気まぐれとして

どこか そこらの窓から

すててくれ

君となら

一緒に暮らしたかった

二人で いつも

立ち止まってしまう

あの赤いレンガの家で

ルンルン ルルル…

ルンルン ルルル…

今日の淋しさは

風にごまかされて

いつまでも 消えそうもない

ア… アアア…

ぼくのほんのひとことが

まだ二十前の君を

こんなに苦しめるなんて

だから行く先は

ぼくの友達に聞いてくれ

君に会わないで行くから

今頃は ぼくも

また昔のように

どこかの町の

カフェテラスで

ビールでも

飲んでいるだろう

ルンルン ルルル…

ルンルン ルルル…

君が帰る頃は夕暮れ時

部屋の明りはつけたままで

ア… アアア…

ア… アアア…

ア… アアア…

提供: うたまっぷ