歌詞

青春

近藤真彦

作詞
高橋研
作曲
高橋研

古いジャズの店で 待ちあわせたものさ

俺の瞳が好きだと 言ってくれた ひと

愛に背を向けたい そんなあの頃だった

さよならの重さを 知らなかったのさ

錆びたナイフだね 青春てヤツは

ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー

ろくでなしだったよ チンピラのようだった

夢だけを食べて 生きてたころ


遠い街に帰る その日を知りながら

飲んだくれていたよ 気づかぬふりで

ランボーが好きだった そのやさしさは今

誰かの胸にそっと あずけてるのでしょう

折れたナイフだね 青春てヤツは

使うあてのない 激しいエネルギー

あてどなしだったよ 野良犬のようだった

愛さえもしらず 生きてたころ


錆びたナイフだね 青春てヤツは

ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー

ろくでなしだったよ チンピラのようだった

夢だけを食べて 生きてたころ

提供: うたまっぷ