歌詞

砂浜

杏里

作詞
かおる
作曲
かおる

ボクは 悲しみの夜や

淋しい夜更けはいつも

砂浜で膝を抱えて

目を閉じてみる

寄せる波を 聴きながら

いろんな事 考える

少年の頃の心

何処に行ってしまった

君の小さな誤ち

許す事できないで

大切な人を一人

失くしたんだ あの頃

皆 見せかけの恋や

形だけの愛ばかり

もう一度 君に逢えたら

この海見せたい

忙し過ぎる時間と

人と人との間で

落とし物してきた様な

想いしたら また来る

海よ 元気でいろよと

強く生きろと ひとつ

言ってくれ そして

夕陽で照らしておくれ

ボクは 悲しみの夜や

淋しい夜更けはいつも

砂浜で膝を抱えて

目を閉じてみる

提供: うたまっぷ