歌詞

ロッヂで待つクリスマス

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

小さなつむじ風が

尾根をかけ降りるたびに

縞紋様 広がる

月のゲレンデ

夢を見るように

私はガラスに

ほほよせる

ゲームに はしゃぐ人も

炎を見てた人も

いつか おもてに出て

熱のある日は

部屋に残された

子供の私がよみがえり

すわってる

きみのきみの声の

こだま追いかけ

窓もドアも越えて

心は滑る

やがて響きわたる

花火の音を

ロッヂで待つクリスマス

キャロルを口づさめば

わけもない なつかしさを

伝えたくなるから

町の誰かに

カードを書くけど

素敵な言葉がうかばずに

目を閉じる

きみのきみの声の

こだま追いかけ

窓もドアも越えて

心は滑る

やがて響きわたる

花火の音を

ロッヂで待つクリスマス

銀の月の影を

抱きとるように

森も谷も越えて

心は滑る

きっとちがう

明日が訪れそうな

ロッヂで待つクリスマス

提供: うたまっぷ