歌詞

センチメンタル・カーニバル

あおい輝彦

作詞
阿部敏郎
作曲
阿部敏郎

渚にゆれながら 小さな声で

好きよとささやいて 逃げたひと

夏が過ぎればこの恋も 終ると知りながら

このまま朝まで踊ろうか

それとも星になろうか

愛してキスして もえたひとときの

センチメンタル・カーニバル


小さな肩先を ふるわせながら

月夜にながれこむ 君がいる

明日帰るよあの町へ 思い出抱きしめて

愛して許されるものなら

死ぬまではなさないだろう

涙にぬれてる ドレスがまぶしい

センチメンタル・カーニバル


このまま朝まで踊ろうか

さよなら真夏の夢よ

愛してなくして もえたひとときの

センチメンタル・カーニバル

提供: うたまっぷ