歌詞

ひとすじになれない

米米CLUB

作詞
米米CLUB
作曲
米米CLUB

今まですぐそばにいてくれたから

そこにいるのが当たり前のことだと

思い始めていたよ 君のことを

もう少し 優しくできたのに

逢えないことだけでも辛い日々を

ただ自分の思い通りに

愛 ひとすじになれないから君の思うような

夢はいつのときも捨てずに生きてゆきたい


愛だけ見つめていてほしいと

あの夜君に言われたとき なぜだか

心の奥のほうの古い傷が

痛みはじめた気がしてた

うまくこの気持ちさえ 伝えられないよ

意味のない季節 夢も見えない


愛 ひとすじになれないから君の思うような

夢はいつのときも捨てずに生きてゆきたい


細い指先を見つめている

君の目は遠く 思い出に漂う


愛 ひとすじになれないから君の思うような

夢はいつのときも捨てずに生きてゆきたい


愛 ひとすじになれないから君の思うような

夢はいつのときも捨てずに生きてゆきたい


軽く"愛しているよ"なんて言えないから

俺のほうがわるいんだね

そうレイディー 君の思い出は記憶の中


愛 ひとすじになれないから君の思うような

夢はいつのときも捨てずに生きてゆきたい

提供: うたまっぷ