歌詞

真赤なウソ

明石家さんま

作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦

どうにもならない恋なのさ

酔ったはずみで抱いた時

うっかり"好きだ"と囁いて

目覚めた朝に青ざめた

真赤なウソを重ねながら

純愛・不倫をくり返す

男と女はそんなもの

所詮ひとりじゃいられない

どんなに男が偉くても

女の乳房にゃ

かなわない

…真赤なウソ!


さり気なくサヨナラ言えたら

こんなに気まずくないものを

クールな男になりきれず

思わず"ごめん"と口走る

真赤なウソと知りながら

微笑み交わしてI LOVE YOU

男と女の下心

知らない素振りで抱き合った

どんなに男が偉くても

女の乳房にゃ

かなわない

…真赤なウソ!


チーク・ダンスで

頬よせ合う

つかの間の夢を見た


きっと他人同士に戻れるなら

やり直せるかも知れないが

淋しい夜がまたひとつ

せつない恋を生むだけさ

どんなに男が偉くても

女の乳房にゃ

かなわない

…真赤なウソ!


真赤なウソを重ねながら

純愛・不倫をくり返す

男と女そんなもの

所詮ひとりじゃいられない

どんなに男が偉くても

女の乳房にゃ

かなわない

…真赤な

ウソ!ウソ!ウソ!

提供: うたまっぷ