歌詞

70年代

中村雅俊

作詞
売野雅勇
作曲
中崎英也

ステージの照明が消えてくアリーナで

君からの手紙読み返してるよ

リッケンバッカーで夢見てた時代が

辛いほど懐しい


返事書けないままその日になったね

純白なドレスに君が隠すのは

俺たちがあの日つかめなかった

幻の未来さ


憶えてるかい

都会へ向う列車見送るホームで

手を振って泣いてた…


Just Only Yesterday

君ひとり置き去りにした Only Lonely Girl

帰らぬ日々に

Just Only Yesterday

正直に言えなかったけど

あの頃は愛が恐かった…

70年代


ステージが終了るまでいつも待ってたね

ディスコの裏手の風が吹く路地で

もう忘れたかな君に贈ったね

悲し気なメロディ


ハミングするたび胸が痛い

君の涙ぐんだ笑顔がまぶしくて


Just Only Yesterday

「さよなら…」と書いて消したのか…

切ないね読めない文字が

Just Only Yesterday

振り向けば君が泣いてるよ

青春が通り過ぎてく

ホームで


Just Only Yesterday

君ひとり置き去りにした Only Lonely Girl

帰らぬ日々に

Just Only Yesterday

正直に言えなかったけど

あの頃は愛が恐かった…

70年代


Just Only Yesterday

「さよなら…」と書いて消したのか…

切ないね読めない文字が

Just Only Yesterday

振り向けば君が泣いてるよ

青春が通り過ぎてく

ホームで

70年代

提供: うたまっぷ