歌詞

嵐の明日

甲斐よしひろ and KAIFIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

なぜ つかのまだという気がする

愛はうまく早く流れているのに

なぜ 怖れが心をかすめるのだろう

君は変わらずほほえんでいるのに


おじけづくと愛はそがれ

もろくゆがんでしまう あの日のように

でも君といるよ たとえ明日が嵐でも


なぜ 寒さがいまもつきまとうのだろう

冷えきった手を包む君がいても

なぜ 不安が胸をよぎっていくのだろう

かすかにみえる晴れ間はあるというのに


君の髪に月光がかかり

流れおちる涙をうけとめる

ずっと君といるよ たとえ明日が嵐でも


涙をこらえ雨の中ささえてる

愛はつらく長い旅だとしても

たどりつけるさ 二人の明日は嵐でも

提供: うたまっぷ