歌詞

音のない部屋

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

風をかばい二人がくるまるジャケット

路地裏で見えない星の数かぞえ

触れ合うと壊れてしまいそうな 二人の唇は震えて

思い出ばかりに微笑む様な君

優しさに口ごもりうつむいてる僕

音のない部屋のドアを開けると 小さなテーブルがある

今は僕だけを見つめておくれ

君の幻を抱きしめていたい

強く二人が育んでいる暮らしの何時もの口癖


鏡の中僕の知らない君

君の背中抱きしめ目を伏せてる僕

手探りで振り返るといつもの君が僕に甘える

二人だけの暮らし数えてみるたび

口を塞ぐ様な接吻をかわす

どんな風に心重ねよう

笑顔を絶やしたくないから


今は君だけを見つめていたい

時は悪戯に過ぎて行くだけ

通り過ぎて行く日々に愛が 優しさだけを残せるなら


優しさをひとつ部屋に残す

寂しさは同じ様に色あせる

部屋明かりがおとす光と影 それは二人の暮らし

二人の心はひとつ

提供: うたまっぷ