歌詞

フィルムの向こう側

南野陽子

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

海の中を電車が 走る国に生まれた

言葉や心さえも

キレイキレイだけのデザイン

ショートケーキの屋根や

長四角のサイコロ

青醒めた空までも 埋め尽くす

薄いフィルムに残る

愛の姿はもういいよ

誰かが泣いてる どこかで泣いてる

あなたの涙を 知りたい

遠い話と 瞳を閉じますか

見知らぬことと 言えますか

死ぬほど好きな人があります

胸の痛みは 同じ


星を見てると何故か 生命感じてしまう

未来の子供達が

空を降りて来れますように

愛はいつの時代も

答えじゃなく問いかけ

歩いた時間の中で 何を待つ?

もう少し側で見せて あなたの笑顔をみせて

手と手の温もり 目と目の囁き

朝の訪れを 分け合いたい

遠い話と 瞳を閉じますか

見知らぬことと 言えますか

忘れたくない 事があります

幼い頃の 夜を


やさしさが足りなくて

傷つけあったあの頃

あなたと出逢ったから

愛の深さと愛の行方と…


遠い話と 瞳を閉じますか

見知らぬことと 言えますか

死ぬほど好きな人があります

胸の痛みは 同じ


遠い話と 瞳を閉じますか

見知らぬことと 言えますか

忘れたくない 事があります

幼い頃の 夜を

提供: うたまっぷ