歌詞

虹とスニーカーの頃

チューリップ

作詞
財津和夫
作曲
財津和夫

わがままは 男の罪

それを許さないのは 女の罪

若かった 何もかもが

あのスニーカーは もう捨てたかい

白いスニーカー 汚さないように

裸足で雨の中 僕等は歩いた

びしょびしょぬれの トレーナーが

乾くまで抱き合った 夏の昼下がり


わがままは 男の罪

それを許さないのは 女の罪

若かった 何もかもが

あのスニーカーは もう捨てたかい

白く浮かんだ 水着のあと

指先でなぞれば 雷の音

窓辺から 顔をつき出して

虹をさがしてた 君を覚えてる


わがままは 男の罪

それを許さないのは 女の罪

若かった 何もかもが

あのスニーカーは もう捨てたかい

もつれた糸を 引きちぎるように

突然ふたりは 他人になった

ぼくらには できなかった

大人の恋は どうしても


わがままは 男の罪

それを許さないのは 女の罪

若かった 何もかもが

あのスニーカーは もう捨てたかい

(Repeat &Fade Out)

提供: うたまっぷ