歌詞

街の灯り

堺正章

作詞
阿久悠
作曲
浜圭介

そばに誰かいないと

沈みそうなこの胸

まるで潮がひいたあとの

暗い海のように

ふれる肩のぬくもり 感じながら話を

もっともっと出来るならば

今はそれでいいさ

息でくもる窓に書いた

君の名前指でたどり

あとの言葉迷いながら そっといった

街の灯りちらちら

あれは何をささやく

愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よ

好きな唄を耳のそばで

君のために低く歌い

あまい涙さそいながら そして待った

街の灯りちらちら

あれは何をささやく

愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よ

提供: うたまっぷ