歌詞

陽はまた昇る

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

夢を削りながら 年老いてゆくことに

気がついた時 はじめて気付く 空の青さに

あの人に教えられた 無言のやさしさに

今さらながら 涙こぼれて

酔いつぶれた そんな夜

陽はまた昇る どんな人の心にも

ああ生きてるとは 燃えながら暮らすこと

冬晴れの空 流れる煙 風は北風


鉢植えの紫蘭の花 朝の雨にうたれ

息絶えだえに ただひたすらに 遠い窓の外

もしかして言わなければ 別離ずにすむものを

それでも明日の 貴方のために

あえて言おう 『さよなら』と

陽はまた昇る どんな人の心にも

ああ生きてるとは 燃えながら暮らすこと

春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す


陽はまた昇る どんな人の心にも

ああ生きてるとは 燃えながら暮らすこと

春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

提供: うたまっぷ