歌詞

Happy Birthday

織田裕二

作詞
秋谷銀四郎
作曲
都志見隆

おまえのいないままの おまえの誕生日

次の土曜日に やって来る

夕暮れ人波に まぎれて歩けば

失くした影 なぜかさがしてる


どしゃぶりの雨の夜 アパートの錆びたポストに

おまえからエアメイル 届いてた

何度も読み返して おまえの弱さ探すけど

心とは うらはらに もう何も迷いなど

見つからなかった


あれから いくつもの夜が

砂を噛むように 流れていったけど

Happy Birthday To You

いま一番いいたい言葉がいま 一番遠い


みんなで騒いでいた 去年の誕生日

最後の帰り道 ふたりになり

不自然な微笑み ひとつだけ残し

おまえはもう 振り向かなかった


ずぶぬれの雨の夜 Yシャツを着たこの胸に

しわくちゃなエアメイル にじんでる

手紙に書いてあった 見知らぬ街のアドレスの

ちっぽけな そんな距離に おれはまだ意地を張り

立ち止まっている


あれから いくつもの場面が

ためいきのスクリーンに映っては消えて

手の届かない 真夜中の冷たさに

俺はまだ とまどっている

いまなら 思い出と飾らず

過ぎ去った時も 呼び戻せるけれど

Happy Birthday To You

いま一番いいたい言葉がいま 一番遠い


Happy Birthday To You

いま一番いいたい言葉がいま 一番遠い


Happy Birthday To You

Happy Birthday To You

Happy Birthday To You

Happy Birthday To You

いま一番いいたい言葉がいま 一番遠い

提供: うたまっぷ