歌詞

けれど生きている

かぐや姫

作詞
山田つぐと
作曲
南こうせつ

夜が終わって 朝に僕をかえしてくれる

朝の光が僕をつつむ やさしくつつむ

君の笑顔のように

人生に始まりと 終りがあるなら

見とどけてみたい


たったひとつの 部屋の窓をおおってしまう

この光は どこからか 何のために

そのはげしさで

僕に夢をえがかせ そしてうらぎるのか

教えて欲しい


ここに僕が 居ることを知っているのか

お前にすれば ちっぽけな 何もない

けれど生きている

人生に始まりと 終りがあるなら

見とどけてみたい 見とどけてみたい

提供: うたまっぷ