歌詞

迷惑でしょうが・・・

とんねるず

作詞
秋元康
作曲
鈴木キサブロー

(セリフ)

『前略 生きてくことは哀しい訳で 哀しいからまた

生きてく訳で 露地裏のうす暗い赤ちょうちんが

燈台の灯りのように見える訳で 今夜は俺飲みます』

帰りの道さえ わからないくらいに

ぐでんぐでんに 酔いたいだけ

出ていった あいつのことなんて

まるで別の話

迷惑でしょうが ほっといてください

のれんをしまうまでは

迷惑でしょうが ほっといてください

馬鹿な俺です

今夜はとにかく 一人で飲みたくて

この店 来たんです


(セリフ)

『前略 ひとりで飲む酒というのはいつもどこか違う訳で

うまく云えないけど 俺酔いつぶれたい気分です』

映りのよくない テレビから流れる

八代亜紀の唄 口づさんで

その後で"しあわせ"って奴に

やっと気づいたけれど

迷惑でしょうが やさしくはしないで

上手に話せません

迷惑でしょうが やさしくはしないで

苦手な俺です

今夜は思い出 つまみに飲みながら

時間をつぶします


(セリフ)

『前略 八代亜紀の唄っていうのは本当に哀しい訳で

特にこういう時に聴くと 心にじーんとくるものが

ある訳で 何かひとりで聴くにはつらいです』

迷惑でしょうが ほっといてください

あいつに惚れてました

迷惑でしょうが ほっといてください

だめな俺です

一人の部屋には 帰りたくはなくて

この店来たんです

酔うほどに……


(セリフ)

『前略 なくしてから気がつくことと云うものがある訳で

俺がなくしてしまったものは大きい訳で

ガラス戸を少しだけ開けてみると雪でした』

提供: うたまっぷ