歌詞

メタモルフォーゼ

工藤静香

作詞
松井五郎
作曲
後藤次利

だめじゃないのに

だめなふりして許す唇

あなたの肩越しに 震える星座

"夢でいいでしょう"

言いきかせても 肌が裏切る

心をそそのかし 幸せねだる


戸惑いも 脱ぎすてた 北風の窓辺で

さみしさは 女を わからずやに

してしまう 戯言

どうにかなりそうに抱いて

なりふりかまわずに

ためいきは 花の色に

まなざし 月に変えて

どうにもならない 好きよ

どこでも さらって


嘘じゃないのに

口にするから 愛は はかない

いっそ 唇噛めば 無口になれる

"かまわないでしょう"

いいなりになる 胸の高鳴り

いいと言ってくれるまで あなたにあげる


戸惑いも 脱ぎすてた 月灯りのなかで

またすぐに 涙に乱される

この気持ち わかって

どうにかなりそうに抱いて

なりふりかまわずに

ふたりきり 探しあてる

綺麗になれる 答え

どうにもならない 好きよ

どこでも さらって


こんなに 愛していいの

キリキリするくらい

さみしさを 忘れられる

優しさに 揺れながら


どうにかなりそうに抱いて

なりふりかまわずに

ためいきは 花の色に

まなざし 月に変えて

どうにもならない 好きよ

どこでも さらって


夜明けは まだ 遠いどこかにあるわ

涙もまだ 遠いどこかにあるわ

提供: うたまっぷ