歌詞

Miss Lonely Eyes

1986オメガトライブ

作詞
売野雅勇
作曲
和泉常寛

桟橋かすめて沖へ降りるWater plane

翳した手のひら風が震えた

夏のヴァカンスが終りかけた午后さ

もう逢えないねって 謎をかけた女

長いキスの途中 手首つかんで

「ごめんね…」ってウィンクした

Why,Won't You Tell Me Why

約束するのは嫌いと

誰かが君の口を塞ぐ

Miss Lonely Eyes

好きだとささやく素肌は

秘密の甘い香りがした


海岸道路のハイウェイゲートまで

君を送ったよ カブリオ連ね

陽に灼けた腕をうしろへと回して

ドア越し口づけを優しく避けたね

街に帰る時の 君がいちばん

綺麗だって 気づいたよ

I'm Just A Fool In Love

夏中恋していたのは

八月が見せた幻さ

Miss Lonely Eyes

波打際から振り向く

君の姿が海に溶けた

風の色も変わってくね

夏が終わるのさ…

Miss Lonely Eyes

眩しい陽射しを素直に

君がいちばん感じていた

I'm A Fool In Love

僕だけ残った渚に

君の噂が今 届いた

提供: うたまっぷ